東京平和映画祭オフィシャル・サイト

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |





updated 2016-11-03

地球平和公共ネットワークシンポジウム2005 No2 合同イベント

 

2005.11.26(土)

『ホピの予言2004年版』

宮田 雪監督作品 2004年/75分
http://www.h6.dion.ne.jp/~hopiland/

『ホピの予言2004年版』 アメリカ南西部、フォー・コーナーズ。コロラド高原といわれる荒涼たる砂漠と、グランド・キャニオンなどの巨大な渓谷に囲まれたここは、長い間、いわゆる西洋近代から隔絶した空間であり、そこに住むホピやナバホ・インディアンたちによって、聖地として守られてきた土地であった。古代からの予言を保ち続けてきた伝統派のホピの人々は、このような文明が、母なる地球を被爆させ、その呼吸を困難に追い込んでいるのだ、という認識にいま立っている。ホピ--、それは「平和で満ち足りた人々」という意味であり、グレート・スピリットの教えに従ってその道を行く人々という意味でもある。

『東京原発』

山川 元監督作品 2004年/110分
http://www.bsr.jp/genpatsu/

『東京原発』都知事暴走!都庁核爆発!? 首都壊滅!?いま、日本滅亡へのカウントダウンが始まった!! 原子力発電の危険性、深刻な電力事情、低迷する経済、迷走する政治、貧窮にあえぐ地方自治、そして未来を見失った若者たち…、現代日本が今、正に抱えている様々な問題を満載し、一級の芝居で贈る戦慄のパニック・サスペンス・エンタテインメント!あまりに過激な内容と大胆な表現のため一般公開が危ぶまれていた衝撃の問題作、身近にせまるリアルな恐怖と猛毒の笑いで、日本列島を震撼させるプルトニウム爆弾級のインパクトが遂にその全貌を現す!

『ピースフィルムメドレー』

映像ときくちゆみによる解説 90分

『ピースフィルムメドレー』<映像内容>米軍のアフガニスタン攻撃の映像/「戦争中毒」予告編/「テロリストは誰?」より抜粋した映像/「911ボーイングを捜せ」ダイジェスト版/ファルージャの映像/「9-NINE-憲法9条は訴える」より「戦争のつくり方」など(多少変更の可能性があります)

『ピーストーク』 ゲスト : 星川 淳、田中 優

『107+1天国はつくるもの』

軌保博光監督作品 2003年/127分
http://www.tentsuku.com/

『107+1天国はつくるもの』この映画を見た人が「感動した、よかった」だけではなく、「実際に自分も動こう。動けば必ず変わるんだから」と前向きに、元気に、ハッピーになれちゃう作品にしようと、監督てんつくマンはじめ、日本全国から集まった“結いまーる隊”約100人が、沖縄を舞台に3つの作戦(挑戦)を企てる。どれも一人の力ではできないものばかり。でも、みんなの力が合わされば必ずできる!と、汗と涙と笑いの中、決してあきらめることなく実際に挑戦した“結いまーる隊”の現実の物語(ドキュメンタリー)。

▲ ページトップへ

日時
2005.11.26(土)
会場
料金
前売券2000円 学割1000円
当日券2500円 学割1300円