東京平和映画祭オフィシャル・サイト

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |





updated 2016-11-03

第7回東京平和映画祭バナー

第7回 東京平和映画祭

2010.6.19(土)  

開場/9:30 開演/10:00 終了予定/19:00

10:05〜11:35

『911の子どもたちへ』

監督:武長 直輝 2009年/日本/85分 
http://911children.com

『911の子どもたちへ』 2001年9月11日から8年。大学の垣根を越えて集まった学生達が、日本人学生初の試みとなる9.11事件を題材にしたドキュメンタリー映画を製作しました。出演者は、ジャーナリストや平和活動家、国会議員、911事件のご遺族まで様々。911事件とは一体? 日本との関係は? 平和とは? 約一年間の取材を通して見えてきたものを現代の学生の視点で描きます。

… 休憩15分

11:50〜12:21

『アメリカ帰還兵IVAWイラクに誓う』

監督:木村 修 2009年/日本/26分
http://peacetv.jp/movie.html

『アメリカ帰還兵IVAWイラクに誓う』 侵略・占領から七年の日々。イラク反戦運動は何処まで進み出たのだろうか。04年7月、米国に生まれた反戦イラク帰還兵の会(IVAW)。翌年イラクで結成された非暴力のレジスタンス運動・イラク自由会議。そして二人の元米軍兵士が初めて占領下のイラクに旅立った。この小編は元兵士とイラクの民衆の出会いにカメラをむけた、人間の決意と和解の記録である。

12:21〜12:41

近藤一氏の講演「中国戦と沖縄戦の戦争体験」

12:41〜13:45 ランチタイム(64分)

13:45〜15:57

『キャピタリズム マネーは踊る』

監督:マイケル・ムーア 2009年/アメリカ/127分
http://www.capitalism.jp

『キャピタリズム マネーは踊る』『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』と、発表する作品ごとに世界中から注目を集めるマイケル・ムーア監督。今回のテーマはずばり「おカネ」!!リーマン・ショックを引き金に、世界経済は「100年に一度」と呼ばれる同時不況に!原因を作ったのは一体誰なのか、私達のお金は一体どこへ行ったのか?ついにムーアは$マークのついた大袋を手に、NYウォール街へと突入してゆく…

… 休憩15分

16:12〜17:33

『山のかなた』

監督:池島 芙紀子 2009年/日本/76分
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/home/yamatirasi.html

『オリーブの木がある限り』「もんじゅ」の運転再開が迫り、原発震災の恐怖も迫る中、何とか多くの人に真実を伝えたい、大惨事を防ぎたいという強い思いを込めた。少しストーリー性も入れて、主人公の若者の疑問を縦糸に、全国各地の様々な情景や人との出会いを横糸にして編集。「もんじゅ」、「再処理」、「ヒバク」、「地震と原発」、「代替エネルギー」の5つのテーマを設定。音楽は、坂本龍一さん始め多くの人に協力して頂いた。

… 休憩15分

17:48〜18:37

『どうするアンポ〜日米同盟と私たちの未来〜』

監督:小林 アツシ 2010年/日本/44分
http://anpo50.seesaa.net/

『オリーブの木がある限り』 日米同盟は私たちの食事や雇用・健康・地球環境・消費行動などに深く関わっています。この作品ではムズカシイと思われがちな日米安保条約や日米軍事同盟をわかりやすく説明しています。アメリカは日本を守っているの? 普天間基地ってなんのためにあるの? これを観れば「な〜んだ、そうだったのか!」と思うこと満載です。

18:37〜18:57

田中優氏の総合解説

▲ ページトップへ

田中 優氏

たなか ゆう

 地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わる。現在「未来バンク事業組合」理事長、「日本国際ボランティアセンター」「足温ネット」理事、「ap bank」監事、「一般社団法人 天然住宅」共同代表、立教大学大学院、和光大学大学院、大東文化大学の非常勤講師。

yu-san.jpg

東京平和映画祭は再入場自由です。

車椅子アクセス可 託児所(1歳以上小学生まで)あり ●各種NGO集いの場あり
※駐車場、宿泊、託児に関しては「お知らせ」をご覧ください。リンク


2010.6.20(日)  

開場/9:30 開演/10:00 終了予定/18:05



10:05〜11:40

『ブルー・ゴールド−狙われた水の真実』

監督:サム・ボッゾ 2008年/アメリカ/90分
http://www.uplink.co.jp/bluegold/

『ブルー・ゴールド−狙われた水の真実』 石油戦争から水戦争の時代へ。
環境破壊や人口増加などにより、水不足が深刻化している。この映画は、限られた水を求めて世界各地で起きている“水戦争”を多角的に検証する。水資源を独占し利益を得る大企業や腐敗した政治家、水源地をめぐって起こる紛争身近なペットボトルの水まで、水にまつわる様々な問題に迫る。

… 休憩15分

11:55〜12:28

〈日韓併合100年〉『るんみの場合』

監督:佐々木 芳彦 2009年/日本/28分
http://sarasen.noblog.net/blog/a/10851267.html

『るんみの場合』「冬ソナ」と共にやってきた「韓流ブーム」は真の日韓新時代の予兆と言えるものだったのだろうか。ファンへのアンケートから見えてきたものは、日本からも祖国、韓国からもまた置き去りにされた「在日社会」だった。一人の若き在日三世が、そんな「韓流」と祖国への揺れる想い、そして小泉訪朝で明らかになった拉致事件を知った時の衝撃と孤独な闘いを語る。

12:28〜12:58

朴慶南(パク・キョンナム)氏の講演『いまを生きる私たちが、ともに歩むために』

… 12:58〜14:00 ランチタイム(62分)

14:00〜15:00

きくちゆみの「911の嘘と真実」

トーク&映像 60分
http://kikuchiyumi.blogspot.com/

きくちゆみの「911の嘘と真実:戦争で誰が儲け、誰が支払い、誰が死んでいる?」 911事件をきっかけに始まった「対テロ戦争」は、9年たった今も人々のいのちや生活を破壊しながら続く。マンガ『戦争中毒』は、この戦争で儲けているのは?支払っているのは?死んでいるのは?と問う。今、千人の建築家とエンジニアが、米国政府に対して911事件の再調査を要求して立ち上がった。私たちは事実を知り、伝える人になろう。

… 休憩15分

15:15〜16:11

『Undercover in Tibet 「チベット潜入取材」』

制作:ジェッザ・ニューマン/タシ・デスパ 2008年/イギリス/51分 日本語版字幕協力:SFT Japan
http://www.sftjapan.org/nihongo:undercover

『Undercover in Tibet 「チベット潜入取材」』亡命チベット人のタシ・デスパは、彼が11年前に命を賭けて後にした祖国を再訪した。ダライ・ラマが「文化的虐殺」と形容した実態を暴くため、投獄の危険を冒して。タシはチベット全域を回って、違法な逮捕や勾留、拷問、「失踪」の犠牲者たちにインタビューした。チベット人女性が強制された、不妊手術の実態をも暴いた。

… 休憩15分

16:26〜16:46

西谷 文和氏の講演『最新映像で見るアフガン戦争』

16:46〜17:42

『アフガンに命の水を 〜ペシャワール会26年目の闘い〜』

監督:谷津 賢二 2009年/日本/56分
http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/031212_6.html

『アフガンに命の水を 〜ペシャワール会26年目の闘い〜』 戦乱と干ばつの続くアフガンで、医療活動だけでなく用水路建設、緊急食料援助など、地元市民の生活再建のために身を挺して奮闘するペシャワール会中村医師。この作品は用水路建設に焦点をあて、6年の歳月をかけて全長24kmの用水路を拓き、3000haの田畑を甦らせた日本人青年達と、ともに働いたアフガン人延べ60万人の汗と涙と笑顔の記録である。

17:42〜18:02

田中優氏の総合解説

*上映作品その他変更となる場合もございます。最新情報は随時更新しますので、ご確認ください。

▲ ページトップへ

  参加方法

 この催しは、国立オリンピック記念青少年総合センターの登録団体である〈東京ピースフィルム倶楽部〉の会員対象の映画祭なので、参加者は会員登録が必要です(登録・会費とも無料)。会員登録はこのホームページからいつでもできます。

◎会場で会員登録することで当日でも入場できます。
 会場受付でお申し付けください。

チケット入手方法

【インターネットから申し込む】


当サイトから会員登録とチケットの申し込みができます。
詳しくはリンク先をご覧ください。LinkIcon「登録と申込み」
※銀行振込(ろうきん)のご利用を希望される方は、必ずこの方法でお申し込みください。

【郵便振替で申し込む】

郵便振替で、入会とチケットの申込みができます。

●すでに会員の方

  • 郵便振替用紙の通信欄に「一般会員」または「学生会員」とご希望の「券種」(1日券or2日券)を明記の上、チケット代をご入金ください。
  • ※インターネットから新規会員登録された方は、「通信欄」に必ず!【会員登録日】をご明記ください。(注1)

●新規に会員登録する方

  • 郵便振替用紙の通信欄に「一般会員登録」または「学生会員登録」(注2)&第7回チケット代と書いて、氏名・年齢・メールアドレス(無ければFAX番号)・電話番号・住所・ご希望の「券種」(1日券or2日券)を明記の上、チケット代を入金ください。
  • チケットを複数枚申し込む場合は、参加者全員の氏名・年齢・メールアドレス(無ければFAX番号)・電話番号・住所・ご希望の「券種」(1日券or2日間券)を明記の上、チケット代を入金ください。
  • 書ききれない場合は「入金代表者と入金日」を明記の上、0479-62-1327までFAXしてください。

 【口座番号】00130-2-371802
 【加入者名】TPFF実行委員会

 ※「ご依頼人」欄も全て明記して下さい。
 ※手数料は、ご負担願います。
 ※入金が確認され次第、チケットを依頼人へお送りいたします。
【お願い】申込には「通信欄」への記入が必須です。電信扱いではなく、普通の振替用紙をご利用ください。記入漏れなどがあるとチケットがお手許に届かない場合がありますのでご注意を!

(注1)入金締切を6月8日(火)とし、6月9日(水)以降の入金は、チケットを発送いたしませんので、当日必ず受領証(またはそのコピー)を持参ください。受領証と引き換えにチケットをお渡しいたします。
(注2)学生会員の方は、当日受付で必ず「学生証」の提示をお願いいたします。忘れた場合は、追加料金(一般価格との差額)を申し受けます。

 ◆チケット代  <一般会員> <学生会員>
   ◎1日券   3,000円    1,500円
     ◎2日券  5,000円    2,500円  

 ※1日券は、6/19または6/20のどちらか1日のみ有効です。
 ※<学生会員>は映画祭当日に29歳以下の学生に限ります。
 ※当日学生証の提示をお願いします。
 ※小学生以下は無料です。

  インフォメーション

  1. お子様連れの方には、託児ルームを有料(1日1名500円)でご用意しております。但し、満1歳以上小学生までに限ります。ご利用の方は6月12日(土)までにお申し込みください。お問い合わせ・お申込み LinkIcontakuji@peacefilm.net
  2. お食事についてはお弁当等をご持参いただくか、敷地内のカフェやレストランをご利用ください。
  3. 施設内地下に有料駐車場はありますが、なるべく公共交通をご利用下さい。
  4. 遠方よりご来場の方、連日参加の方には、6月18日(金)と19日(土)の夜に会場敷地内の宿泊D棟・全シングル(バス、トイレ、TV付き)を一泊2,800円(食事なし・手数料400円含む)で手配できます。お問い合わせ・お申込み LinkIconstay@peacefilm.net

東京平和映画祭は、みんなで創る映画祭です。みなさんの参加をお待ちしています!

日時
2010.6.19(土)〜20(日)
会場

カルチャー棟大ホール

カルチャー棟大ホール

WHAT's NEW

『参加方法』について

参加方法の説明とインフォメーションです。

リンクLinkIcon

『3x3スポンサー』について

応援ありがとうございました!!

リンクLinkIcon