東京平和映画祭オフィシャル・サイト

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |





updated 2016-11-03

タイトル

3×3スポンサー

Twitterで情報を配信中

タイトル

たくさんの参加ありがとうございました!

マスコミや商業映画が知らせない事実を、
主にドキュメンタリー映画上映で伝えてきた東京平和映画祭。
10周年の今年は、たくさんの参加者とともに
無事終えることが出来ました。
ありがとうございました!

DAY1DAY2DAY3


●上映作品(予定)
  
『あぶない憲法の話』
『ショック・ドクトリン」
『戦争案内』
『福島 六ヶ所 未来への伝言』
『サイエンティスト』
『福島へようこそ』
『憲八おじさんとタマ』
『医原死―死の医療ビジネス』
『食の未来』
『カンタ! ティモール』

◆ トークゲスト (予定)
  
孫崎享氏(外交評論家)
福田健治氏(弁護士)と福島の女性たち
河田昌東氏(NPO法人「チェルノブイリ救援・中部」理事)
安田節子氏(「食政策センター・ビジョン21」主宰)
鎌仲ひとみ氏(映画監督)
堤未果氏(ジャーナリスト)
田中優氏(環境活動家)

DAY1

2013.9.21(土)/センター棟417号室
映画上映と孫崎享氏講演・対談・Q&A

“これでいいのか?日本!
   ~知られざる支配の構図”

世界中で話題の『ショック・ドクトリン』(原作:ナオミ・クライン)。大企業や国家はいかに弱者を支配するシステムを作り上げたのか。近代史を紐解けばその構図が見えてくる。TPP参加や憲法改正で日本はどう改造されるのか。外交の表と裏を知る孫崎享氏とともに考える。

開場 13:00 | 開演 13:30 | 終了予定 18:30
 13:30 開会・あいさつ
 13:35 『あぶない憲法の話』(25分)
 14:00 『ショック・ドクトリン』(80分)
 15:35 『戦争案内』(70分)
 16:55 孫崎享氏 講演「日本はどこへ行くのか」(50分)
 17:45 孫崎享氏×きくちゆみの対談(45分)
 18:30 終了

■ 13:30〜
開場

▲ ページトップへ

■ 13:35〜

あぶない憲法の話

 2013年/日本/25分/日本語
 ※小森陽一氏による解説の録画映像


あぶない憲法の話本性を小出しにする安倍政権が「改憲手続き」の変更を主張する本当の狙いは何なのか。自民党は憲法本体をどう変えたいのか、その危険な中身とは。小森陽一氏(九条の会事務局長)による、現憲法と自民党草案を比較した解説映像。


14:00〜

ショック・ドクトリン

 監督 :M.ウィンターボトム、M.ホワイトクロス/2009年/英/80分/日本語字幕

【公式サイト】http://shockdoctrine.jimdo.com


ショック・ドクトリン頻発する津波やハリケーンのような天災、あるいは人為的に招かれた戦争や政変。危機に瀕し茫然自失する人々。その隙をついて大国と巨大資本が、過激な市場原理主義経済へと一気に改変するという「ショック療法」は、世界に何をもたらしたか。


▲ ページトップへ

15:35〜

戦争案内

 監督 : 高岩仁/2006年/70分

戦争案内 明治以来日本が起こした戦争は、いったい誰がなぜ始めたのだろうか?アジア各国への長年の取材と多くの資料から見えてくる戦争の本質とは。多国籍企業によるアジア侵略の社会構造的原因を鋭く追究する。


16:55〜

孫崎享氏講演
 「日本はどこへ行くのか」 

(まごさき・うける)
孫崎亨氏1943年旧満州生まれ。外務省で国際情報局長、大使などを歴任後、2002年~09年、防衛大学校教授。外務省出身者として異色の論客。『日本外交 現場からの証言-握手と微笑とイエスでいいか』で山本七平賞を受賞。他に『戦後史の正体』『日米同盟の正体-迷走する安全保障』『アメリカに潰された政治家たち』『転ばぬ先のツイ』など話題の書多数。


▲ ページトップへ

17:45〜

孫崎亨氏×きくちゆみの対談

きくちゆみ対談相手/きくちゆみ:東京ピースフィルム倶楽部代表。2004年より東京平和映画祭をプロデュース。環境・平和・健康をテーマに活動し、『地球を愛して生きる』『戦争中毒』『911ボーイングを捜せ』など著訳書、日本語版DVD製作多数。
2011年3月に沖縄で「つなぐ光」、2013年5月にハワイ島で「ふくしまキッズハワイプロジェクト」を立ち上げ、福島の子どもの保養と移住に尽力中。


18:30
終了

※上映作品・時間など、やむを得ず変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
▲ ページトップへ

DAY2

2013.9.22(日)/センター棟501号室
映画上映と二つのワークショップ

開場 11:30 | 開演 12:00 | 終了予定 20:00
【ワークショップ1】
 12:00 『福島 六ヶ所 未来への伝言』(105分)
 14:00 パネルトーク
 15:05 小グループ討論と全体シェア会
 15:50 休憩
【ワークショップ2】
 16:00 『サイエンティスト』(60分)
 17:10 パネルトーク
 18:40 小グループ討論と全体シェア会
 20:00  終了


ワークショップ1
“原発被災の今~知って深まる理解
            結んでみなぎる力”

3.11原発事故から2年半。「原発事故子ども・被災者支援法」は、1年経っても棚ざらし。それでも懸命に生きる福島の人たちがいる。力になりたい、 原発をなくしたいと願う人たちもいる。語り合い、共感し、つながれば、生きる力が満ちてくる。

▲ ページトップへ

12:00〜

福島 六ヶ所 未来への伝言

 監督:島田恵/2013年/105分

【公式サイト】http://www.rokkashomirai.com/wp/story

福島 六ヶ所 未来への伝言あなたが未来へ託すのは、いのちのバトン? それとも放射能という「負の遺産」? 原発事故が起きた福島と使用済み核燃料を再処理する六カ所村。その地で暮らす人々の生活と思いを描き、3.11後を生きる私たちに問いかける。


14:00〜

福田健治氏(弁護士)と福島の女性たちの
  パネルトーク〜小グループでの話し合い

福田健治氏福田健治(ふくだ・けんじ)弁護士
日本弁護士連合会東日本大震災・原子力発電所事故等対策本部原子力プロジェクトチーム委員。「福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)」副代表。


二瓶和子さん二瓶和子さん
東京に避難中。福島・郡山からの避難者、自立支援グループ「Snow Drop」代表



野口時子さん野口時子さん
郡山在住。郡山で学校給食の放射線量を測ることから始めた「3a(安心・安全・アクション)in 郡山」代表



かん沢沙織さんかん沢沙織さん
郡山から東京へ。今年、お子さんの小学入学を期に、福島県の猪苗代町に移住。福島避難母子の会in 関東事務局


15:50〜

休憩10分

▲ ページトップへ

ワークショップ2
“どう生きる?新しい汚染の時代を
 ~放射能、添加物、遺伝子組み換え食品…”

放射性物質や遺伝子組み換え食品で私たちの体が「汚染」される時代。様々な安全基準が緩められる中、私たちは何を食べ、どう身を守るのか?事実を知り、アイデアや知恵を共有して「どうしたらいいの?」から「こうしてみよう!」へ一歩を踏み出してみませんか?


16:00〜

サイエンティスト

 監督:ベルトラム・フェアハーク/2010年/ドイツ/60分/日本語字幕

【公式サイト】http://www.bekkoame.ne.jp/ha/kook/scientist1.html

サイエンティスト遺伝子組み換え食品の危険性を公表した二人の著名な科学者。隠蔽したい多国籍企業と米・英政府の恐るべき反撃とは。企業の国家支配は市民生活を脅かす。食の安全、科学の自由、そして生き物の未来を問う。


▲ ページトップへ

17:10〜

河田昌東氏、安田節子氏パネルトーク
  〜小グループ討論〜全体シェア会

河田昌東(かわた・まさはる)さん
河田昌東氏NPO法人「チェルノブイリ救援・中部」理事。「遺伝子組み換え食品を考える中部の会」代表。チェルノブイリ原発事故の放射能汚染地域に入り、医療救援活動や汚染農地再生に注力。3.11原発事故後は福島で活動中。



安田節子(やすだ・せつこ)さん
安田節子氏「食政策センター・ビジョン21」主宰。NPO法人「日本有機農業研究会」理事。遺伝子組み換え食品や食品表示など食糧の安全問題に長年関わる。現在はTPPや放射能汚染問題でも積極的に発信している。


20:00
終了

※上映作品・時間など、やむを得ず変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
▲ ページトップへ

■講演で使用したデータです。
河田氏、安田氏の好意により講演で使用したスライドのデータを公開します。

●2013東京平和映画祭講演資料-河田昌東氏(PDF 5.1MB)

●2013東京平和映画祭講演資料-安田節子氏(PDF 1.1MB)

DAY3

2013.9.23(月・祝日)/カルチャー棟大ホール
映画上映と講演

「感じる・伝える・つながる 映像の力で!」

開場 9:30 | 開演 10:00 | 終了予定 20:05
 10:00 『福島へようこそ』(59分)
 11:05 「鎌仲ひとみの映像&トーク 子どもを被ばくから守りたい」(60分)
 12:05 『憲八おじさんとタマ』+監督トーク(20分)
 12:25 ランチタイム(60分)
 13:25 『医原死―死の医療ビジネス』(99分)
 15:20 『食の未来』(90分)
 16:50 堤未果氏 講演「グローバル化する99%達」(30分)
 17:35 『カンタ!ティモール』(110分)
 19:35 田中優氏 講演「支配されるか 独立して生きるか」(30分)
 20:05 閉会

▲ ページトップへ

■ 10:00〜

福島へようこそ

 監督:アラン・ド・アルー/2013年/ベルギー/59分/日本語字幕

福島へようこそベルギー人監督による美しくもせつない映像。一見平和な日常から透けて見える不安に満ちた未来。マスクの若者は言った。「もしかしたら僕たち、国から実験台にされているのかな」


11:05〜

「鎌仲ひとみの映像&トーク
  子どもを被ばくから守りたい」(60分)

(かまなか・ひとみ)
鎌仲ひとみ氏映像作家。環境・核・エネルギーなどをテーマに追求。ドキュメンタリー映画を自主上映してもらう方法で作品を届けている。『ミツバチの羽音と地球の回転』は全国約600 ヶ所、『内部被ばくを生き抜く』は全国800 ヶ所で上映、さらに海外でも上映が広がり各地で大きな反響をよんでいる。現在新作『小さき声のカノン―選択する人々』を撮影中。


▲ ページトップへ

12:05〜

『憲八おじさんとタマ』+監督トーク

 制作:中村徹/2013年/15分

憲八おじさんとタマ憲法の危機に、タマが立ち上がる! 立憲主義とは? 96条改正とは? 自民党憲法改正草案とは? アニメで、憲八おじさんと一緒に学びましょう。

中村徹氏中村徹氏


12:25〜
昼休み

▲ ページトップへ

13:25〜

『医原死―死の医療ビジネス』

 監督:ゲイリー•ナル/2011年/アメリカ/99分/日本語字幕

【公式サイト】http://joaakagakubu.net/mv/mv007_DbM.html

医原死米国では医療のせいで毎年78万人も死ぬ。製薬会社が、病院、医学研究・教育・情報を握り、議会や政府を動かし、利益最大化のために医療制度を支配する。金儲けが積極的に病気を作り出し、死を招く実態を追う。いのちの本質や食べ物の大切さを忘れた病める闇の世界からの警告。病める大国アメリカが迫るTPPを前に、私たちの選択を再考させられる作品。


15:20〜

『食の未来』

 監督:デボラ・クーンズ・ガルシア/2004年/アメリカ/90分/日本語吹き替え

【公式サイト】http://www.joaa.net/syuppan/syuppan-13-06-01.html

食の未来農場から食卓まで大企業が私たちの食を世界的規模で支配する。その支配の仕組み、生命を操作する遺伝子組み換え技術とは。巧みな情報操作でその本質は隠され続ける。その歴史的経緯と、科学、農業や食、そして政治に及ぼす弊害を多面的に描いたドキュメンタリー。


▲ ページトップへ

16:50〜

堤未果氏 講演
「グローバル化する99%達」(30分)

(つつみ・みか)
堤未果氏ジャーナリスト。NY州立大、大学院国際関係論学科卒。国連、NGOを経て、米野村證券に勤務中、9・11同時多発テロに遭遇。以後、各種メディアで発言、執筆・講演活動を続ける。『ルポ 貧困大国アメリカ』(2008新書大賞、日本エッセイストクラブ賞)、『アメリカ弱者革命』(日本ジャーナリズム協会黒田清新人賞)、『政府は必ず嘘をつく』『(株)貧困大国アメリカ』など著書多数。J-WAVE Jam the Worldパーソナリティー。


17:35〜

『カンタ!ティモール』

  [+広田奈津子監督トーク+小向定氏演奏]

 監督:広田奈津子/2010年/日本・東ティモール/110分

【公式サイト】http://www.canta-timor.com

カンタ!ティモール日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった東ティモール。1999年までの24年間で人口の3分の1を失う狂気の殺りくを受ける。その影で動く地下資源ビジネス、日本政府の驚くべき行動。消えない悲しみを抱きながら、それでも「許し」を選択した人々の、知恵と愛にあふれた作品。
広田奈津子監督広田奈津子監督
広田奈津子監督小向定氏


▲ ページトップへ

19:35〜

田中優氏 講演
 「支配されるか 独立して生きるか」(30分)

(たなか・ゆう)
田中優氏1957年東京都生まれ。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などのさまざまなNGO活動に関わる。現在 「未来バンク事業組合」 「天然住宅バンク」 理事長、 「日本国際ボランティアセンター」 理事、公益財団「信頼資本財団」理事、「ap bank」監事、「一般社団 天然住宅」共同代表。立教大学大学院、横浜市立大学の非常勤講師。

20:05
閉会

※上映作品・時間など、やむを得ず変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
▲ ページトップへ

参加方法

※会場である国立オリンピック記念青少年総合センターは青少年向けの研修施設で、東京平和映画祭は市民による会員向けの研修イベントです。そのため、参加には会員登録が必要となります事をあらかじめご了承ください。


【登録の手順】
 ❶ 会員登録(無料)をする
   *既会員は登録不要
 ❷ 参加申込みフォームに必要事項を記入して送信する
 ❸ 参加費を振込む

  • A 郵便振替:00130-2-371802 TPFF実行委員会
  • B 銀行口座:城南信用金庫 玉川支店 
  •       普通579236 東京ピースフィルム倶楽部

※2名以上の参加費をまとめて振込む場合
 ●郵便振替→通信欄に全員のお名前をご記入ください
 ●銀行振込→事務局にメールで全員のお名前をお知らせください。

■■ 参加申込はこちらからどうぞ! ■■

料金表
取り消し線:申込み終了 ▲:残席わずかです

東京平和映画祭は、みんなで創る映画祭です。
みなさんの参加をお待ちしています!

日時

13:30開演(13:00開場)

19:00終了

センター棟417号室

12:00開演(11:30開場)

20:00終了

センター棟501号室

10:00時開演(9:30開場)

20:05終了

カルチャー棟大ホール

場所

アクセス

新着情報

河田氏、安田氏の講演資料配付


河田氏、安田氏の好意により講演で使用したスライドのデータを公開します。

リンクLinkIcon

映画祭参加方法について

参加方法を公開しました。

リンクLinkIcon

『3x3スポンサー』ページを公開しました。

今年の東京平和映画祭を応援してくれるみなさんです♪

リンクLinkIcon

『3x3スポンサー』について

あなたの平和へのメッセージや広告で東京平和映画祭を盛り上げてください!

リンクLinkIcon

フライヤーのダウンロード
第10回 東京平和映画祭のフライヤーです。
ご自由にダウンロード、配布して下さい。
※画像をクリックするとJPEG画像が開きます

第10回東京平和映画祭フライヤー1

Doticon_wht_Download.gifフライヤー表面【PDF/1.9MB】

第10回東京平和映画祭フライヤー2

Doticon_wht_Download.gifフライヤー中面【PDF/1MB】