東京平和映画祭オフィシャル・サイト

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |





updated 2016-11-03

タイトル

「戦争のつくりかた」バナー

リンクリンク

Twitterで情報を配信中

タイトル

今年の映画祭は、一人ひとりが主体的に行動を起こすヒントになるような映像を集めました。映画はどれも、市民が自らの力で行動する力強さに溢れ、勇気をもらえる映像ばかりです。映画祭に参加したことで、「行動しよう!」という思いが湧いてきたなら幸いです。

選挙の投票率は、国政選挙も地方選挙も最低の記録を更新しています。政治は政治家に、社会のことは専門家に任せておけばいいと思っていた人が多かったのかもしれません。
もう一歩進んで、他人任せの「お任せ民主主義」から脱却して、主体的に動けば社会はもっと暮らしやすくなるのではないでしょうか。

さあ!地域の一員として、楽しく豊かに生きはじめませんか。
あなたの思い描く平和を実現することへ向かって、
「みんなの一歩が、明日の希望」を作り出すのですから。


●タイムテーブル

 10:00 開演 〜 『わたしの、終わらない旅』(舞台挨拶あり)
 11:25 『裁判所前の男』(制作者松原明氏と主人公大高正二氏の舞台挨拶)
 12:45 ランチタイム 65分
 13:50 学生映像リレー
      『中国の2つの戦場』
      『GO VOTE』
      『練馬駐屯地で見たものは』
 14:30 学生トーク
      『中国の2つの戦場』同朋高校放送部ビデオメッセージ
      『GO VOTE』現SEALDsメンバー元山仁士郎さん
      『練馬駐屯地で見たものは』現TV番組制作者柳田香帆さん
 14:55 休憩 10分
 15:05 『戦争のつくりかた』
 15:15 ゲストトーク:木村草太氏
 16:00 休憩 20分(新『戦争のつくりかた』上映
 16:20 『泥の花』(監督からのビデオレターあり)
 17:55 休憩 10分
 18:05 『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』
 19:30 『パワー・トゥ・ザ・ピープル』
 20:20 終演

※ プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

■ 10:00〜
開場

『わたしの、終わらない旅』(舞台挨拶あり)

 監督・撮影:坂田雅子/2014年/日本/78分

【公式サイト】http://www.cine.co.jp/owaranai_tabi

『わたしの、終わらない旅』私たちはどうしてここまできてしまったのだろう?監督自身が、核の時代とその未来を問う旅に出る。広島・長崎・第五福竜丸、3度もの被爆を体験した日本。しかし「核の平和利用」を夢みて、原発を推進してきた私たちの時代。今こそ聞いてほしい、核に翻弄された人々の声なき声を。監督渾身のドキュメンタリー最新作。


11:25〜

『裁判所前の男』
  (制作者松原明氏と主人公大高正二氏の舞台挨拶)

 撮影・編集:松原明/ビデオプレス/日本/2015年/65分

【公式サイト】http://saibanshomae.jimdo.com


『裁判所前の男』2006年から毎日、真夏も真冬も霞が関の裁判所前でただ一人、裁判のありようを問い続ける大高さん。冤罪事件や検察・警察の捏造事件が相次ぐ中、起訴された刑事事件をほぼ100%有罪にする司法は「最後の砦」といえるのか。ついに大高さんも不当な微罪逮捕で拘置所に2年半… 法廷内での異様な光景など貴重な記録も必見!


▲ ページトップへ

12:45〜
ランチタイム 65分

13:50〜

学生映像リレー

日本の過去や今を真剣に考える学生たち。
その想いが生んだ短編3作品を糧に、よくわからないと悩む人も諦め気分の人も、一歩を踏み出してみよう。
「これっておかしくない?」「戦争は嫌だな」 と声に出すだけでも仲間が見つかり、情報や知恵を持ち寄れば道も開ける。

  アジア太平洋戦争
▶『中国の2つの戦場』
  〜なぜ住民虐殺は起きたか〜

同朋高等学校放送部/日本/2014年/16分 

同朋高等学校放送部のサイト】
http://www.doho-h.ed.jp/school-life/club/culture/broadcasting

『中国の2つの戦場』沖縄戦の実態を6年間探って行き着いた中国山西省での住民虐殺。当時の戦争体験者が語る戦場の実態を、高校生の感想を交え報告する。2015年東京ビデオフェスティバル大賞受賞。


『GO VOTE』

 SASPL (特定秘密保護法に反対する学生有志の会) /日本/2014年/4分

【関連サイト】
http://saspl1210.wix.com/students-against-spl

『GO VOTE』思索し行動する若者たちが投票を呼びかける。SASPLは2013年、「知る権利」を侵す法律の問題点を指摘し、若者が社会を創ろうと訴えた。現SEALDsが引き継ぎ活動を拡大中。


『練馬駐屯地で見たものは』
  〜自衛隊はフレンドリー?〜

 練馬文化の会、武蔵大学社会学部メディア社会学科社会実践プロジェクト/日本/2012年/20分

【練馬・文化の会のサイト】
http://www.nerimabunka.com/tvmitugasiwa.html

『練馬駐屯地で見たものは』地元の自衛隊駐屯地で、大規模な施設公開や演習がある。学生たちは駐屯地へ確かめに行く。学生の率直な感想を聞いてほしい。「地方の時代」映像祭2012入選。


14:30〜

学生トーク

  『中国の2つの戦場』同朋高校放送部ビデオメッセージ
  『GO VOTE』現SEALDsメンバー元山仁士郎さん
  『練馬駐屯地で見たものは』現TV番組制作者柳田香帆さん


14:55〜
休憩 10分

▲ ページトップへ

15:05〜

『戦争のつくりかた』

 監修:小森陽一 制作:九条を守ろう!映像プロジェクト/日本/2005年/7分

【公式サイト】http://sentsuku.jimdo.com


『戦争のつくりかた』小学生でもわかる文章で2004年に書かれた原作絵本『戦争のつくりかた』。国の中で、安全保障、経済、教育、マスコミなどの変化がもたらす危険な未来を描く。それは、集団的自衛権をはじめ、国民保護法や秘密保護法、国家安全保障会議設置法、教育基本法改正、増税など、この10年の出来事を予言していた。本作はその朗読映像版。


▲ ページトップへ

15:15〜

ゲストトーク:木村草太氏

【ブログ】http://blog.goo.ne.jp/kimkimlr

木村草太氏1980年、横浜市生まれ。憲法学者。東京大学法学部卒業、同助手を経て、現在、首都大学法学系准教授。テレビ朝日「報道ステーション」でコメンテーター、沖縄タイムスで「憲法の新手」を連載するなど、メディアで時事問題を憲法や民主主義の観点から語る。著書に『憲法の創造力』『テレビが伝えない憲法の話』共著に『憲法の条件』『未完の憲法』など。


16:00〜
休憩 20分
(新『戦争のつくりかた』上映)

16:20〜

『泥の花』(監督からのビデオレターあり)

 監督:輿石正/じんぶん企画/日本/2014年/90分

【公式サイト】http://www.edic-121.co.jp/index.html

『泥の花』戦後70年、暴力的な国家権力の重圧に生身の体で向き合い、日々の暮らしの中で希望を失わず地道に活動を続ける沖縄の人々。脈々と続く静かだが力強いひとりひとりの「意志」が紡がれて歴史を築き、泥の中に咲く花のような「共同の力」になる。
いったい米軍と自衛隊の共同作戦の実態とは?


■17:55〜
休憩 10分

18:05〜

『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』

 監督・脚本・編集:ジェレミー・セイファート/コンペラー・ピクチャーズ/
 アメリカ/2013年/84分/英語/日本語字幕

【公式サイト】http://www.uplink.co.jp/gmo

『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』父親になり、自分たちの口にする食べ物に関心を持つようになった映画監督ジェレミー。ある日、種が大好きな息子に「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」ときかれる。その素朴な疑問に答えるため、真実を求めるジェレミーとその家族の旅が始まる。彼らの見た遺伝子組み換えの正体とは?


19:30〜

『パワー・トゥ・ザ・ピープル』

  〜グローバルからローカルへ〜

 監督:サビーヌ・ルッベ・バッカー/VPRO/オランダ/2012年/49分/日本語吹替版

【公式サイト】http://unitedpeople.jp/p2p

『パワー・トゥ・ザ・ピープル』©映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』 これぞ究極の民主化!「大きな社会」から、顔の見える「小さな社会」へ。ナビゲーターは第三次産業革命の提唱者ジェレミー・リフキン。持続可能な経済システム「分散型資本主義」を提唱。100%クリーンエネルギー化を実現した例や保険「ブラッド基金」を紹介する。市民が主導権を握る新時代へようこそ!


▲ ページトップへ

20:20 終了

※上映作品・時間など、やむを得ず変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
▲ ページトップへ

参加方法



●参加費
 前売り 2,000円
  当日  2,500円
 25歳以下 1,000円
 高校生以下 無料

 ※ 前売り券の販売は9月30日までです。

【登録の手順】

 ❶ 会員登録(無料)をする
 ❷ 参加申込みフォームに必要事項を記入して送信する
 ❸ 参加費を振込む

■■ 参加申込みはこちらからどうぞ! ■■

東京平和映画祭は、みんなで創る映画祭です。
みなさんの参加をお待ちしています!

日時

10:00時開演(9:30開場)

20:20 終了予定

場所

アクセスアクセス

新着情報

参加申込みの受付開始しました!

申込みはこちらから

リンクLinkIcon

映画祭参加方法について

参加方法を公開しました。

リンクLinkIcon

小見出し

フライヤーのダウンロード
第12回 東京平和映画祭のフライヤーです。
配布にご協力ください。

【PDF】
Doticon_wht_Download.gif第12回東京平和映画祭フライヤー.pdf

【JPEG】
※画像をクリックするとJPEG画像が開きます

第12回東京平和映画祭フライヤー表面

第12回東京平和映画祭フライヤー中面